您的位置:美高梅官方网站 > 中国历史 > 出土文字质地与东南亚南宋史商量,明治大学解

出土文字质地与东南亚南宋史商量,明治大学解

发布时间:2019-06-08 07:32编辑:中国历史浏览(61)

    ��以中国和东瀛韩三国的公元元年在此以前图书为例

    应扶桑中华人民共和国民话学会的特约,前几日在明治高校做了题为“中中原人民共和国牛郎織女伝説の現地化、語り方と伝承--中夏族民共和国山東省沂源県牛郎官庄の調査を中央に”的解说。在此,特别感激叶先生以及郭俊红、张礼敏无私提供的资料。首要内容如下:

    提要:公元前十8年之后,快易典朝程序在朝鲜半岛西边设肆郡,即乐浪、真蕃、玄菟、临屯,中中原人民共和国的文物制度越多地传出朝鲜半岛,并经过半岛传入东瀛。中中原人民共和国的汉字文化是经过差异的载体传播的,除写在铜镜、铁制刀剑上的墓志外,还能想见到通过简牍的方块字传扬。朝鲜半岛和扶桑据此能够积极地推荐中华夏族民共和国的方块字文化,是因为秦汉事后中夏族民共和国的汉字文化已经进化的一定成熟,汉字文化其实包蕴成熟的方块字、成熟的书写工具和书写材质和老成的字体。所谓汉字的东传也得以掌握成是与汉字有关的全套能力的东传。 关键词:汉字 出土文字资料 中中原人民共和国简牍 东瀛木简 南朝鲜木简 壹、南陈文字和书写材质 南齐的文字必须借助被称作书写质地的载体工夫被记录和保存下去。在东晋文字发生和进化的长河中,有滋有味的书写质感的也应际而生了。在造纸术发明在此之前,中中原人民共和国太古记录文字的材质有龟甲骨、牛骨、青铜器、简牍和人为纺品。东晋东瀛在大气利用木简时已经起来选择纸张,在公元7-八世纪,纸张和图书是并用的。相同的时间还开采了写在各样织物,如麻布、绢上的古文书。别的,考古学家还发掘了多量写在辽朝陶器上的文字,称作“墨书陶器”。可是,“墨书陶器”上的文字一般唯有数个字,文字的内容基本上是地名或姓名。当时传辞记事凭仗的严重性依旧纸张和书籍。与日本对待,朝鲜半岛上的图书开掘的较晚。近年来朝鲜半岛上不断有图书出土,时代大要为6世纪开始的一段时期—八世纪,其伊始应用的时日略早于东瀛。 关于东瀛和朝鲜半岛书籍的发源近期有许多主题素材尚不分明。然则,东瀛和朝鲜半岛的书本的源头在炎黄应有是绝非难题的。秦汉帝国创设之后,中夏族民共和国文明不断向周围地区扩展。在西北亚动向,公元前拾8年之后,全球译朝先后在朝鲜半岛南部设四郡,即乐浪、真蕃、玄菟、临屯,中中原人民共和国的文物制度越来越多地传出朝鲜半岛,并途经半岛传入东瀛。如今倍受关怀的平壤地区出土的《论语》竹简和《乐浪郡汉初元肆年县别户口簿》正展现了汉乐浪郡时代木简在朝鲜半岛被使用的面貌 [1]。由于饱受中华夏族民共和国文化的震慑,在东南亚地区变成的远古知识中存在着部分一齐的知识要素,即汉字、儒教、汉语翻译禅宗、律令法律制度、科学本事等。当时中中原人民共和国的汉字文化是由此不一样的载体传播的,除写在铜镜、铁制刀剑上的墓志铭外,还足以推论到通过简牍的方块字传扬。朝鲜半岛和东瀛因此能够积极地推荐中夏族民共和国的方块字文化,是因为秦汉之后中华夏族民共和国的汉字文化已经发展的一对壹老练,汉字文化其实包含成熟的汉字、成熟的书写工具和书写材质以及成熟的字体。所谓汉字的东传也足以知晓成是与汉字有关的全部技能的东传,那中间就回顾木简的书写和动用。面前境遇如此成熟的技能,朝鲜半岛和日本的大顺居民大致无需再进行如何新的创办。 2、唐宋中华的简牍 明日的考古发掘注明,至少在中华有穷时期早期就早已有了竹简。李学勤先生以为,从石籀文金文中的“册”字的字形来看,简牍的施用可能可追溯到殷商时期 [2]。近代中华的简牍学始于一9零5年西方探险者对小编国西域的探险活动。190四年,奥地利人Stan因和比利时人Sven•赫定分别在湖北尼雅遗址和楼兰遗址开掘了辽朝的书籍。他们的发掘拉开了炎黄近现代简牍钻探的开端。 一九4七年事头阵掘的简牍首要有:Stan因于1九零零-壹玖一八年贰次西域探险中发觉的书本、晋简和唐简。Sven•赫定自1902年至1933年在六遍西域探险中窥见的图书和晋简。瑞典王国和中夏族民共和国专家一起重组的西南调查团于192七年至193五年对西南地区进行科考中开掘的书本,包罗居延汉朝竹简和Rob泊汉朝竹简。个中仅1九27年至1九三3年在内蒙古额尔古纳河下游居延地区开采的书籍就达贰万枚。 一9四6年后,中国新大陆简牍的挖沙和钻研获得的拓展远远超过了然放前。发现出土的简牍重要有:湖南黑河书籍(一九5八-1985年)。黑龙江居延汉朝竹简(197三-1973)。四川敦煌图书,包含马圈湾出土汉朝竹简和悬泉置遗址出土汉朝竹简(一九九四-19玖四)。西藏云梦县睡虎地秦简(一玖八〇-一九7玖)。西藏常德市的马王堆汉简。山南邻沂银雀山汉朝竹简。台湾淮安县出土的上饶汉简莱茵河江陵地区的张家山汉朝竹简(1玖八三-198贰)。新疆十堰市的包山楚简。浙江省荆州市沙吴堡县的郭店楚简。山东连云港市滨湖区出土的尹湾书籍。山西随县擂鼓墩曾侯乙墓出土竹简。辽宁埃德蒙顿走马楼遗址出土的叁国吴简,福建闽西新化县里耶古村落出土的里耶秦简 [3]。 1950年解放从前发掘的简牍,在该地遗址上开采的较多,而一玖4九年后,不仅仅在地面遗址有觉察,还从处处的北齐墓葬和水井遗址中发现出土了大气的简牍。别的,解放后意识的简牍在时期跨度上也扩大了。汉此前的简牍,不止平添了秦简,还现出了春秋周朝时期的楚简,汉以后的简牍,扩张了吴简。个中等职业学校门是楚简的觉察,为商讨先秦的社会制度和文字提供了经天纬地的材料。

    テーマ:

    图片 1

    中原牛郎織女伝説の現地化、語り方と伝承--中华夏族民共和国山東省沂源県牛郎官庄の調査を核心に

    图壹 20拾年西藏益阳市出土三国时代的吴简

                      畢雪飛

    图片 2 图片 3 图贰 壹九9八年上博藏从香岛购进的楚简

    発表宗旨:

    神州汉朝竹简并不是随机挥洒的,其造型和剧情均有相应的明确。以汉朝竹简为例,汉朝竹简的长短的标准规则是长二三.一公分,宽二公分,厚0.二至0.三公分。二3.1公分也就是汉尺的1尺。差异长度的简牍其实是与分化期代的简册制度有关。举例说,“檄”是唐代与武装有关的文件,写有檄文的简长2尺,《说文解字》中也可能有“檄,2尺之书”的求证。清末学者王国桢在聊起简册制度时建议,周代末年从此,经书之策的长度皆用二尺肆寸,礼制法令之书也是这么。其次是一尺二寸,《孝经》策长壹尺2寸。汉未来官府册籍、郡国户口黄籍皆1尺2寸。其次是捌寸,《论语》策长8寸。其次是6寸,汉符长陆寸。一般来讲,简牍形制的大规格如王永观所说,是“以策之大小为书之尊卑。”[4] 别的,这段时间华夏书籍学者胡毕生先生还建议,出自墓葬的简犊,有望是为着随葬而特地制作、誊抄的“别本”,并不一定是实用的原本简册,其制度只怕与实际使用的简犊有所差异。别的,别的的书本、文书也大概存在这种情景,即官方公布的简册与民间自制的别本形制各不同,那就给大家选拔出土实物商量简册制度带来了更进一步犬牙相错的成分 [5]。 按中中原人民共和国太古的简册制度,简牍的内容和形状存在对应的关联。也正是说,分化内容的文本是写在区别形态的简上。汉朝竹简的模样上的归类只要有:简、牍、符、签、检、致、楬、觚、册等。比方说当中的“检”,《说文解字》的讲授是“书署也”。用今后的话说,正是起信封的功能。文书写好之后,编连成册,然后用绳子把简牍捆扎起来,在外围加覆1枚刻有方槽的木片,那正是“检”。 把捆扎简牍的绳结放在“检”的方槽内,再在槽内按上壹块湿泥将绳结盖住,然后在湿泥上打字与印刷印章,以免范旅途被拆开,那就是“泥封”。“检”上还要写上收件人的地区名、官府名和人名以及货品的名号和多少。假使1份文件用简较多,能够把简牍收藏在绢囊之内,在囊口再用绳捆扎后加以封缄,以示保密。在大顺,发传文书时常以封泥之多少,来分别所派公务之缓急,决定所乘传车的马匹等第和多少。

    中华では、社会が激しく変化しつつある今、民間文化にも大きな影響を与えた。また、「非物質文化遺産」の「保護制度」が整備されたことにより、民間文化の斟酌は大きな激情を受けて非常に盛んな時期を迎えた。こうして、政坛が主導して、地点の経済を振興させようするいろいろな動きが出た中、民間文学はいかに変化するか、その成り行きを考えたい。本発表では、中夏族民共和国山東省沂源県牛郎官庄の調査の資料に基づいて、社会の動きの中に、中中原人民共和国牛郎織女の現地化、語り方、伝承の変容が表れていることを解析したい。

    图片 4

    1、中中原人民共和国牛郎織女伝説の形成流れについて

    图三 汉代的“封检”

    『詩経・小雅・大東』(西周):中には、「織女」と「牽牛」は星の名前として登場する。

    又如,“楬”是附在货色上的写有物品名称的签牌,约等于东瀛的付札。再如,“符”,其标准为“6寸符券”,是两水官衙之间传递新闻的专项使用木简。“符”一般是由两片木简组成,上有刻齿,骑缝上有编号,分置两地,“符合从业”,即符相符,方可信赖。别的还出名为“致”的图书,是壹种短程游览时利用的身份证。东汉的文本,有的时候候字数十分少,只要写在壹支简上就够了。然而一旦是内容不短的文件或书籍,就需求写在多枚木简上。然后,用绳纽将多枚木简系在1块儿,那正是“册书”。在197三-7四年的“居延新简”中蕴藏了70余种册书。汉朝竹简按内容的归类有:诏书、奏记、檄、律令、品约、牒书、爰书、符传、簿册、书牍、历谱命理术数、医药等 [6]。 中夏族民共和国简牍学钻探发展到明日已有100余年的历史了,它已改为壹门一定干练的学问。在国外,简牍学、甲骨学和敦煌学并名列中中原人民共和国学的3大分支学科。简牍学切磋重大分为四个地方:1是爱惜性整理,即尽恐怕地将出土木简复原成可知晓识别的意况,同不通常间还要能够悠久保留。贰是释文的钻研。3是组成别的考古学成果和文献资料对简文的原委打开切磋。实际上上述任何壹方面包车型客车研商都亟需多学科的学问。 三、东瀛书籍的觉察与风味 扶桑随处出土的吴国文字材质,除少数被感觉是符号和标志的之外,全都以明清从此的方块字。可以说东晋东瀛的汉字文化承接的是华夏西魏之后的方块字文化价值观。印尼人在近代在此以前并不知道也未尝使用过黑体等先秦文字。那一真相也验证,汉字的东传是在特定的历史条件下发生的。公元前拾捌年之后的汉四郡的设置是汉字东传的根本契机。依照过去的切磋,宋朝东瀛最早的出土文字材料有公元一世纪中中原人民共和圣上朝授予扶桑九州地区小国奴太岁的金印奴太岁”金印)、公元伍世纪制作的宫城县江田船山古坟出土的铁刀铭文、福冈县稻荷山古坟出土的铁剑铭文和千西华县市原市稻荷台一号古坟出土的“王赐”铁剑铭文。 近年来,关于二—四世纪的东瀛出土文字资料蒙受关切。例如不久前从北海道安农町大城遗址出土了二世纪开始的一段时期的陶制搪瓷杯上写有“奉”字和“年”字;在该县嬉野町片部遗址出土的四世纪开始的一段时期的微型圈足陶器的口缘部用墨写有“田”字;京都府前原市的3云遗址出土的三世纪中叶的陶瓮的口缘部上写有“竟”字。别的,山口县木岛平村的根塚遗址发现的3世纪的陶器上写有“大”字,但该字书写的笔顺是不对的。那申明书写者是先记下字的模样,然后默写描画下来的。上述事实还证实,公元三—四世纪在此以前,古时候马来人尽管认识少许的汉字,但汉字在立刻的社会还未曾被广大的扩散和多量的利用。[7] 4世纪末年,日本与朝鲜半岛关沟通的日益频仍,伍世纪时倭1方面与高句丽尖锐周旋,另1方面与南朝的刘宋王朝举办积极的外交活动,现身了用规整的汉文书写的国书。从那时起,日本对汉字的施用起来扩大。 东瀛太古图书最早开采于191三年,后来又在1九3零年(爱知县多度町柚井遗址)和192八年开掘了一点点的图书。当时的发掘者对那一个书籍作了记录并创作了报告书。不过,由于当时发觉的书本数量相当少,唯有数枚,而且对简文的从头到尾的经过又不甚通晓,所以在教育界未有备受钟情 [8]。出土木简真正碰着钟情是在上世纪610时代。1963年11月,在东瀛大和釜石市西郊的平城宫遗址出土了40枚木简。在后来的考古开采中平城宫遗址先后出土了3陆仟枚木简。其它,还在飞鸟京、藤原京、长冈京遗址以及太宰府和地点郡衙的遗址中挖潜出土了汪洋的图书。木简的雅量出土对于自然历史研究文献十分的少的日本太古代教育学界来讲是宏大的刺激和推进。197贰年东瀛威名赫赫考古学家坪井清足建议“东瀛的木简学”概念,从此“东瀛木简学”的说法渐渐流行起来。当考古学家起头开采到太古图书的留存时,东瀛随处出土木简的实例一下子日增了大多。依据扶桑专家渡边晃宏200柒年的牵线,东瀛书籍的总额已达3五万枚 [9],一说为38万枚 [10]。 东瀛发掘的书籍从时代上说珍视集中在7—八世纪,方今已知时代最早的书本是难波宫遗址出土的己丑年纪年木简,七世纪中期在此以前是或不是留存木简,方今还不领悟。那么,日本的书本是是样源点的吧。一些东瀛我们感到,扶桑汉朝竹简与华夏魏晋时代的书籍有相似性,认为东瀛图书是盲目跟风了魏晋时代至东晋时期中夏族民共和国的制度。扶桑大家大庭修还依据中华湖北尼雅遗址出土的神州王朝给西域诸王的旨意推断,公元三世纪亲魏倭王三浦爱佳得到的东魏国君的制书或许是写在图书上的。其它还大概有三个主题材料是,南梁菲律宾人是或不是接触过比魏晋时期更早的明朝的书本呢。那个难点日本大家异常少说到,唯有大庭修助教做过部分猜想。他建议,在古时候,北魏倭人到中华王朝统治的朝鲜半岛东边的乐浪郡朝贡时,无疑会触发到汉朝竹简 [11]。弥生时代中前期以后,中中原人民共和皇上朝与东瀛列岛上的倭人开始有了沟通往来。在那有的时候代中国和东瀛交往中,倭人接触到图书应当说是有相当大也许的。但是,可能是面前碰着当时的社会前进度度的受制,倭人社会不曾力量立即开首利用木简。 假设把东瀛汉简与华夏简牍发展史上制度化程度最高的书籍做相比较,其最大的分别就在于东瀛开班多量运用木简的一世还要也是纸张伊始广泛的时代,或可称为“纸简并用时期”。明天经过考古开采已经明白,中夏族民共和国的造纸术并不是始于东汉的蔡伦造纸,而是在唐朝时代就已应时而生用纸的实例。(比方,一玖9零-9一年黑龙江敦煌悬泉置遗址不仅仅出土了图书,还出土了数不清属于南梁宣帝、元帝时期的纸质文件的残片。当然,当时纸的制作还相比轻便粗糙,造纸的机要原材料是草和麻。)那样三个天性和异样给两个国家木简的运用也产生了各个影响。

         ↓

    图片 5

    青海雲夢睡虎地に出土した(1975年11月)曹魏の占う簡書『日書甲種』:この占いの内容から見ると、牛郎織女伝説は秦の時代に広がっていたことが推測できる。

    图四 一玖八八-一9九伍年在浙江省敦煌悬泉置遗址出土的明清时期的纸质文件

         ↓

    例如,扶桑汉朝竹简的研究迄今结束还不曾开掘册书。那是因为,长篇的公文一般是写在纸上的。那一点通过奈良正仓院保存的8世纪的户口档案和不久前开采的漆纸文书,能够收获证实。正是说,在大多数状态下,每一支东瀛图书的剧情都以单身的,一般不与其它简连缀。 其次,日本汉朝竹简除了极个其他例外,大多书籍的内容都属于没有需求持久保存的三遍性的笔录。当图书使用完结后,或被撇下,或用小刀削去图书表面包车型地铁文字,以便日后重复使用。 第3、大诸多东瀛图书上并未有国家发布的律令、诏书等内容,那类官文书一般都是以纸质文件的样式传达的。从这几个意思讲,扶桑有学者以为,奈良时期的东瀛汉朝竹简,差异于汉简,而更就像唐简。可是也可能有不相同,举例说“牓示札”。扶桑宫崎县曾出土过一件明代的“牓示札”,是壹份长篇的官文书,时期为东瀛嘉祥2年。所谓牓示札,也正是通知牌,此牓示札横长陆一.叁公分,上下宽贰三.叁公分,出土的岗位处于西汉交通要道附近,推断立即是身无寸铁在道旁,用以广而告之。其内容是地点领导向农民传达律令国家对农业生产的渴求,也正是一份西夏国家公布的关于劝农的文本。牓示札近来只出土了一件。

    『大戴礼・夏小正』七月の記事(前漢):この中には織女星の方向を示しており、また気候の特徴はすでに秋の気配になった。織女星と季節の関係を暗示している。

    图片 6

         ↓

    图片 7

    『古詩十九首・迢迢牵牛星』(後漢):河を隔てて会えない相爱的人あるいは夫婦の関係を示している。

    图伍东瀛长野县出土的嘉祥贰年牓示札。上海教室为出土的原件,下图为在复制品上的释文

         ↓

    第陆、日本汉朝竹简一般都以在生活遗址中窥见的,如河沟尾巴部分、水井后面部分、垃圾场等,大致未有从坟墓中出土的书本。那标记,木简在及时并不被以为是有长时间保存价值的事物。 第4、东瀛书籍的要害利用指标是为了传递新闻,并不用它来呈现国家与个人,个人与个体之间的尊卑关系。由此,东瀛书籍在形象上比较随意,不存在像汉朝竹简这样的“三尺之律令”、“尺一之诏”、“6寸之符”的规章制度。也正是说,东瀛图书未有显著地反映尊卑关系的造型。东瀛汉朝竹简一般分为“短册形” 、“圭形”、“带刻齿形”等三种形态。有的日本学者将其分成一各个差别的形状 [12]。 假使按简文的剧情来划分,大致可以分为“文书木简”、“付札木简”、“习书木简”、“削屑”。所谓“削屑”是从使用过的书本上削下来的有文字的木片,又称削衣。“习书木简”即书吏演习书法的图书。但是最多的恐怕纳贡物清单类图书和文书类木简。纳贡物清单类图书在东瀛叫“付札木简”,是公元元年以前的村民和转业任何事情的生产者通过地方行政机关向中心政坛交纳的各个贡物的清单。使用每17日附在各样贡品上的,像商品的竹签一样。通过这种木简能够领会到东瀛太古律令制国家产生内外,主题政坛的租金征收制度的具体内容。“付札木简”的剧情还分为三种:一是调物,即实物税,内容包含铁器、盐、生丝、纺织品、海藻类、鱼类等海产品。二是“白米付札”,是附在作为田租的白米上的。叁是“贽”。“贽”原则上是属于“调”的1种,主就算海产品和手工业生产品。“贽”这些字在华语中是原意是送给长辈或受钟情的人的礼品。古时候有“贽敬”的说教,即带着礼品拜见受保养的人。日本的“贽”的性质与“调”周边,在《大宝律令》发布后,重新规范了税制,“贽”不再见于律令的《赋役令》条文中。“一般来说,贽”被归入了“调”。可是,在玖世纪的文献《延喜式》中还保存了关于“贽”的事无巨细笔录。付札木简的书写格式一般是发货地的“地点国名、乡名、里名+贡品名称和数码,有的木简还记有发货的日子日期”。另1种书写格式是,“接受贡品人的地方国名、机构名或人名+贡品的名称和数量”。 通过“付札木简”的钻研能够帮助昨日的学者领会地方行政组织的景况,譬喻图书上出现的地方行政治团体队的称号比往常思想切磋文献中的地名要多;同一时间还或然有助于搞清南宋税制的点不清具体内容。付札木简上记下的音信是理念的文献史料中相当的少见的。

    晋の许逊『西京雑記』、梁の宗懔『荊楚歳時記』:乞巧节の後、女子たちは機織り服を作ることを始めるから、この日に針と糸を用意し、針仕事の上達を祈願することは重要な儀式であり、仕事始めの心の準備でもある。こういう儀式を通して牛郎織女伝説は代々伝わるだろう。

    图片 8

         ↓

    图6 付札木简——附在纳贡物上的物品标签

    梁の庾肩吾の「七夕詩」:「鵲橋」のエピソードが加えられた。

    “文书木简”能够分成几类,其1是大旨政党和地方行政单位之间以及各级官吏之间的来回文件,其种类有符、牒、移、解等。从文本发收双方的关联来看,上述不一致内容的文本分别属于“下行文书”、“上行文书”、“平行文书”。另1种文书木简是册簿、记录,如官吏的考课、升迁降职的笔录等。第二种是过所文书,即各级官府发放的签证和通行证;第多样是请求文书,是中心和地点各级官吏和公务人士向主题财政分局门和各官仓申请发放口粮和日常消费品、生活用品的申请单。包蕴米、盐、小豆、酱等。

         ↓

    图片 9 图片 10 图片 11

    唐以降:羽衣説話と兄弟型旧事との習合。

    图7 中心政坛中的各级官吏向老董部门请求发放食物的请物木简

         ↓

    文件木简的雅量并发确实大大丰裕了世人对东瀛太古社会的认知,举个例子,主题和地点官府公司的运作境况是何等的、各部门之间的相互关系是何许的,这么些标题标答案都比不上程度地反映在图书中。个中贰个老牌的事例正是“长屋王家木简”。长屋王(公元6八四年-72玖年)是君主的皇亲,圣居高位,他的史事反映在《续日本纪》庆云元年至天平九年的记叙中。1玖八陆年日本考古学家在奈良平城京遗址内意识了长屋王的府第。在长屋王宫遗址出土的书本总量达捌仟0枚。木简反映出的有关长屋王官邸生活的事实繁多是理念史料所不载的。这一个图书清晰地发表长屋王官邸内部家政组织和管制的动静。有东瀛大家推算,奈良时期在平城京中心官僚协会中任职的官府约有叁万人,而据悉长屋王家木简推算的长屋王家政机构中的大小官吏就达一千人左右。 近几10年来大批量远古图书的出土给日本曹魏史切磋带来比极大的冲击和震慑。譬如,近10余年来日本晋代史研讨中极其看好的两项商讨,即“律令制国家的税收体制商讨”和“律令制国家的地点行政统治研商”,可以说都得益于西晋图书的意识和研究。归咎起来讲,木简研讨对明朝史切磋的职能重要呈未来四个地方:对考古学探究的效率;对文献史学所起的功效;对宋朝文字发展史探讨的作用。 木简本人是考古开掘的产物,但即使发现又能对考古学发现起到推进和促进作用。首先,木简的开采有助于分明北齐遗址的属性。比方可以扶助判别遗址是官邸,依然国厅遗址或郡衙。二是推向鲜明过去文献中记载的史前行政单位的地点,好多远古行政单位的具体地方,过去守旧的文献史料记载不详,通过出土木简能够更进一步认清这个行政单位的切实可行地方。3是推向明显遗址遗物的时期。 木简研商对文献史学琢磨的相助能够说是最大的。前文中涉嫌的长屋王家木简正是很好的事例。上面再举1个事例。东魏国家组织变成和终极成立的一个关键的注解是以地缘关系逐步代替了氏族血缘关系。扶桑奈良时期的国度已经是干练形态的国家,国家对地方的主持行政事务是因此国、郡、乡、里等各级地点行政组织达成的,当中最基层行政单位是“里”。最初的“里”是依据1种叫做“五10户壹里”制的制度确立的。依据以后的文献史料,可见这种“五拾户壹里”制在捌世纪初就已存在了。不过“五10户一里”制是何时开头实践的,过去学术界向来不太明了。依据上世纪七拾时期在日本冈山县浜松市伊场遗址出土的书本,可以知晓在天武十年已经实行了“五拾户1里”制。其它,在奈良飞鸟地点的飞鸟板盖宫遗址出土的书籍中,有1枚木简的简文为“白发部五10户”。经日本学者考证,那枚木简的时期能够上溯到公元七世纪中叶。也正是说,木简的觉察把“五10户一里”制进行的时代上推了半个世纪。 木简的意识对钻探西汉东瀛文字的嬗变也很有扶持。今日大家见到的东瀛语中的平假名、片假名变成于公元九世纪先前时代。在此之前,东瀛太古文字经历了多个较长的朝3暮四经过。公元五世纪以有恢宏的陆地移民(重即使明代中中原人和朝鲜半岛人)迁居东瀛。南陈印尼人经过那些陆上移民接触到中华的汉字文化,并学会了汉字的书写。最初马来人是一向用汉字来记事,而读的时侯则将其变动为东瀛原来的言。后来,在书写时也开始改换普通话本来的语顺,改用保加利亚共和国(The Republic of Bulgaria)语的语顺。那样的东瀛汉文称作“和文娱体育汉文”(又称“和汉文”、“亚汉文”)。再后来,为了科学地训读“和文娱体育汉文”,又借用汉字在文句中增多进西班牙语的助词助动词和动词语尾,结果变成了虽用汉字,但又不是汉文的“和文娱体育”。在公元7世纪末年出土的壹枚木简反映了即刻的马来西亚人选择“和文娱体育汉文”的事态,其简文如下: 之作者□□稻者马 不得故笔者者反来之故是汝卜部 自舟人率而卓有成效也其稻在处者衣知评平留五10户旦波大学生家 这段话的标点是: 椋直□之: 笔者□□稻者,马 不 得故,笔者者反来之。故是,汝卜部自舟人率而有效也。其稻在处者,衣知评平留五十户旦波硕士家。 将那枚木简译成今世中文的大概意思是: 椋直的白米由于尚未赢得马匹,所以本人回去了。由此你卜部可亲身带队舟人去。其稻米未来衣知评平留五10户的旦波硕士家中。 简文中的多个“者”字也就是前几日阿拉伯语中的助动词“は”,文中的“马不得”、“自舟人率而使得也”两句已是阿尔巴尼亚语的语顺,也正是国文的“未得马”和“可自率舟人而行也”。扶桑的商量者认为,从那枚木简的内容看,在天武天子时代(公元67二-6捌陆年),“和文娱体育”已起头变异即发轫将汉文的语顺改为塞尔维亚语的语顺,并且借助汉字加多了加泰罗尼亚语的助词。 与东瀛太古文字的上扬相关联的另三个标题是汉字书体的成形难点。从中国和东瀛交换的历史来看,南宋马来人最早开始接触汉字是在秦汉一代现在,而大气的借用是在古代时代未来。在日本奈良时代,菲律宾人书写的方块字的字体基本上是石籀文、甲骨文和金鼎文。一般的话,印度人在抄写经文时使用的所谓“写经体”汉文首假若钟鼓文,而常常文书和书籍上的汉字首借使石籀文体和行书体汉字。在飞鸟-奈良时代(公元5九叁年-7捌四年)的汉字书写体方面,王羲之的书法即所谓的“羲之书体”对东瀛的震慑最大。公元75陆年的《东北大学寺献物帐》(国君赠与东北大学寺至宝的账簿)中就曾记载了皇帝献给东北大学寺的“晋右将军王羲之燕书10卷”“羲之书玖卷”“羲之扇书一卷”。75八年又献有“大小王真迹书壹卷” [13]。那几个王羲之父子书法的描摹本应有是从南齐带回的。“羲之书体”在东瀛飞鸟宫遗址木简和藤原宫遗址木简桐月见抽芽,在长屋王家木简中升高显著,在平城宫遗址木简中已是1贰分早熟了 [14]。 在北齐东瀛文字文化的迈入进程中表述了主心骨功用的应该是来源于南亚新大陆的陆地移民。根据东瀛我们的钻探,东瀛弥生时期将来,大陆移民的赴日大约可分为八个时期:第三期是公元四世纪前期未来的开始时期的陆地移民,他们推动了汉魏系统的乐浪文化。第一期是公元5世纪后半期赶到的所谓“新陆地移民”,成员入眼是百济人。他们带来的要害是6朝时代的知识。第三期是七世纪早先时期之后来自百济和高句丽的流亡者。在那几个流亡者中有原本在本国地位异常高的人选。以上那个陆上移民是扶桑推荐介绍、接受东汉华夏书法的关键媒介。别的,日本的遣元朝使、渡日的中中原人民共和国人也都对东瀛汉字书法的前行作出了奉献。举例,公元75肆年赴日的中原僧人鉴真就曾向当时的孝谦主公献上了《王右军真迹石籀文一帖》、《王献之真迹3帖》等法帖。综上说述,通过汉朝东瀛各时代木简上的文字,能够知晓东瀛太古汉字书写体发展的真实性面目。 4、朝鲜半岛的后周图书 谈起朝鲜半岛上的北魏图书,重尽管指高丽国多年来在朝鲜半岛南边开采的书本。东瀛的公元元年从前图书应当说与朝鲜半岛的学问有细心的关系。但是高丽国书籍的发掘和钻研比扶桑晚了拾余年。根据当下所知的真情,朝鲜半岛的图书大约可分为二种档次。一种是汉乐浪郡时期(公元前拾8年—公元3一三年)的书本。这种木简与中华的简牍有一向的涉嫌,其简牍的形象、书法和文娱体育都与西楚的话的简牍11分相似。早在一玖三二年,在朝鲜平壤南井里第21六号古坟中出土了1枚木简,简长约二三公分,卓殊1汉尺。简文是用纠正的石籀文书写的,内容如下: “缣3匹/故吏朝鲜丞田肱仅遣吏再拝奉/祭” [15] “故吏”是属吏即下级官吏之意。简文的大意是乐浪朝鲜县的手下人官吏田肱在上边下葬前献上了3匹缣。那是战前在朝鲜半岛上出土的唯一一枚木简。同不平时间出土的还恐怕有笔和砚盒等挥毫工具。 一九八玖年五月至一玖玖三年10月,平壤市乐浪区贞柏洞叁陆四号古坟出土了多枚竹简和木牍。那壹真情直到2006年以往才被披表露去。依照朝鲜、南朝鲜和日本学者的钻研,其竹简的剧情为抄写的《论语》,木牍的源委为北齐元初四年乐浪郡县别户籍簿。上述《论语》册书的形状规整,书体为陶文,其形象、书体和书式与中华甘肃省定州汉墓出土的《论语》册书竹简拾1分相似 [16]。上述朝鲜半岛北边出土的书籍注脚,在步步高朝郡县体制下的乐浪地区,地点官吏已可以像中原地区同等熟悉地领会了书写和平运动用木简的本领。 另壹种等级次序是六世纪今后在半岛西边的百济和新罗故地出土的图书。从前几日的研商来看,上述两种类型的书籍之间存在着三个商讨空白期,即乐浪郡被高句丽所灭到六世纪的近期。这段时代内朝鲜半岛汉朝竹简的存在意况以往还不精晓。朝鲜半岛南方出土木简的钻探始于197五年。这一年在高丽国釜山的太古新罗王宫的雁鸭池遗址上出土了5一枚木简。南朝鲜的书籍讨论未来起步。雁鸭池是朝鲜统一新罗时代的宫廷月城东西边的1处池苑。据史料记载该池苑是公元674年建筑的。雁鸭池出土木简属于公元七—八世纪的书籍,这里是新罗的王公贵族种植花草,喂养珍禽异兽,驾舟游玩的地点。后来雁鸭池遗址又总是开掘了有个别图书,现今总结开掘了97枚木简。 197五年的话南韩频频有图书发掘,据南韩学者总计,迄今截止,已经在一伍处遗址中出土了约350余枚木简,当中有字木简有240余枚。出土木简相对相比多的遗址是新罗城山山城遗址、新罗蔚山雁鸭池遗址、新罗釜山月城垓字遗址、新罗贰圣山城遗址、百济扶余陵山里遗址[17]。

    明清:西王母の附加によって、「銀河」の形成についての民間的な解釈を加えられた。物語の悲劇の色彩が一層深く染められた。伝承されて今の形になって定着。

    图片 12

    2、中夏族民共和国山東省沂源県牛郎官庄における牛郎織女伝説の現地化の表現

    图八 新罗王城出土的书籍

    1、沂源県牛郎官庄における伝説の定着

    图片 13 图玖 朝鲜太古百济扶余宫南池遗址出土木简

    地理空間→家族淵源→村の生業

    南韩已出土木简的时代大要在公元陆世纪前期至捌世纪。其应用时期稍早于东瀛。大韩民国时期汉朝竹简布满地域较广,但数目非常少,不恐怕与华夏和日本的书籍相比较。由于数量少的案由,大韩中华民国图书所能揭破的真情也许有限的。从内容上看,南朝鲜书籍的词汇首要有以下几类: 壹、纳贡物的名目:盐、稗、加魔鬼蓑鲉、獐、猪 二、人名 叁、社会地位的名号:奴人、乃人、负、归人、中口、小口 四、官职名称:大乌知郎、丙番、助史、洗宅 五、官文书名称:牒 六、地名(寺院名、王宫和地点行政治团体队名称):隅宫西门、宝憙寺、及伐城、甘文城、仇利伐村、阿卜智村 七、药物名称: 乌拉尔甘草、大黄、黄连、 捌、中国杰出的副本:金海凤凰洞和大邱桂阳山城出土的《论语》木简。 玖、西晋计量单位:伍开、稗石、1两二分、叁斗、大升 南朝鲜的书本商讨还处在起步阶段,在简文钻探和书本爱抚等方面都遭到进一步多的关爱。如今东瀛的东汉史学者正在主动参加南韩的书本商量,但中夏族民共和国学界对南韩汉朝竹简以致日本的出土木简还不很领会。 伍、木简史料的特色和学术价值 木简作为古时候的人制作并动用过的家伙,其实际和文物价值是明摆着的。尽管从历史切磋的角度来看,南亚各国的书本具备什么等的含义和特点啊。 首先,东亚地区的大部书籍都以为着满足社会管理和新闻交换的急需而创设和平运动用的。1旦达成了上述指标后,木简就被取消了。木简的运用价值是三遍性的。这个书籍不有所保存和传世的法力。但是,中中原人民共和国太古简牍与东瀛、大韩民国时代汉朝竹简的二个显明的不一致是,中夏族民共和国的简牍中留存大气的册书,也正是不止为了实用,而且还可以够天长地久保存传世的、具备典籍性质的简牍。那样的册书在唐朝未来,随着纸张的注脚和平运动用而逐级缩短。日韩的图书流行于纸简并用时代,所以差不离不存在册书。 其次,大多书本是碎片的公文和局地的笔录。木简提供的知识并不是不行完完全全的学问。比方,敦煌书籍和居延汉朝竹简的出土能够强化今人对宋代防守边疆体制的打听;悬泉置汉朝竹简的出土能够使大家越发询问清代驿站邮传制度的具体内容;尹湾书籍的出土使人人理解了郡县制下的郡的官制,东瀛长屋王家木简能够体现南陈王族的家务事管理体制是什么样运行的,等等。木简内容补充西夏史斟酌上的累累细节,充足了大家的野史文化。但这种文化往往是碎片的、片段的、局地的,其内容所提供的是从未经过提炼和汇总的史实。这点差异于更具周到性和完整性的正史记载。 再有,木简自个儿的风味决定了书籍史料在史学研商中存有不能不管的主要性价值。一些简牍所载的史册、律文、诏书等,对正史能够起到补史的效力。此外,木简上记下的情节往往是颇为日常普通的轩然大波和人选。这么些事件和人选在正史中是看不到的。作为历史记录,正史等史书往往根据的是“有事则记,无事不记”的标准。所谓的“有事”当然是指社会上爆发的显要事件。也等于说,正史中一般只记载这几个非经常的,非一般的,被感觉是有记载价值的轩然大波和人物。但是,这些不载梁晓艳史的,对古代人来说是平日的、由此可见的历史事实,对今日的野史切磋者来说也负有至关心珍视要的商量价值,而且是平日极难捕捉到的研讨材质。汉朝竹简中有关边境地区军事公司的书本、日本的附在纳贡品上的所谓“付札木简”,就属于那样的书籍。 有个别简牍的补史功用越来越大,对前几日的钻探者来讲越发难得的史料。举例,有关远古三国时期的正史是《3国志》,《3国志》的小编陈寿以辽朝为正规,由此对汉代的记述较少,唯有二十卷的字数。(《3国志》凡六拾伍卷,魏志三10卷,蜀志拾伍卷,吴志二10卷)。走马楼吴简的觉察对精通和回复秦代的历史和诸制度,搞清唐代地方行政团队的机能和周转情况,是极有扶持的。 中国和东瀛韩三国的书籍均有个别的风味,记录和反映的是个别国家的历史事实,须要整合作者国的历史文献和考古学资料进行钻探;另1方面,中国和扶桑韩三国的书本又有细致的涉及,因而相比较钻探也是不足缺点和失误的。通过相比能够开采越来越多的中国和日本韩三国南齐知识和制度上的关系和反差。比方说,后梁的土地计量单位,依据唐令的记叙是“亩”,而日本称“町”,那么西晋东瀛的“町”是怎么着源点的,是参照了哪位时期的炎黄社会制度呢。辽宁走马楼吴简中有关土地制度的记录中山高校量使用了“町”字 [18],那是或不是是扶桑“町”字的来源呢,今后还不知情。 在汉字东传的进度中,汉字在朝鲜半岛和扶桑社会中逐步本土壤化学了。正是说在那一个地点,中文和汉字与地点社会的知识和言语相结合,初步产出转移。那第2呈以往字义的变化、造句方法的变化和选用异体字等地点。举例,东瀛图书中曾多次现身“椋”字,后来高丽国汉朝竹简中也往往油可是生“椋”字。日韩两个国家的“椋”字都有“饭馆”的意味。不过“椋”字在中国汉字词义中从不宾馆的意义。日本武大大学李成市教授多年来提议,有旅舍含义的“椋”字最初是起点于朝鲜半岛西部的高句丽,后来传出朝鲜半岛中南边的百济和新罗,最终又不胫而走了东瀛 [19]。再如,中文中的“部”字在日本汉朝竹简中经常被简化为“卩”。据悉东瀛的“卩”字来源于朝鲜半岛。1995年在百济扶余宫南池遗址的出土木简上有“南部后巷”的字样,“西边”的“部”字在图书上就编写“卩” [20]。其它,中夏族民共和国的“籾”字在汉字东传进程中也曾被简化为“丑”字了 [21]。总之,通过那样的相比切磋能够理解到,在清朝中华汉字文化东传的大背景下,日韩两地在汉字使用上也设有调换和互相影响。

    2、現地化の表現

    (原载西南京师范高校《汉朝文明》杂志第肆卷第叁期,201一年6月。)

    「上有天河、下有黄河」→牛郎は村の人→伝説の中の内容は現地の生業を反映する。→天河の形成の原因

    注 释: [1]李成市・尹龍9・金慶浩著、橋本繁译《平壌貞柏洞三六四号墳出土竹簡『論語』について》,东瀛《中华夏族民共和国出土資料研讨》14号,二〇〇玖年第3十-149页;尹龍⑨/橋本繁《平壌出土<楽浪郡初元4年県別戸口簿>研商》,东瀛《中夏族民共和国出土資料探讨》1三号,二〇一〇年第二0五-23陆页。 [2]李学勤《古文字学开首》中华书局1玖捌⑤年第四3-5四页。 [3]沈颂金《二10世纪简帛学商量》学苑出版社200三年第1八一-404页。 [4]王国桢最初的文章、胡一生、马月华侨学校注《简犊检署考校注》,北京古籍出版社200四年,正文部分第3肆页。 [5]王静安原版的书文、胡毕生、马月华侨高校注《简犊检署考校勘和注释》导言,北京古籍出版社200四年第二三页。 [6]大庭脩編著《木簡�秦朝からのメッセージ�》大修館書店、1997年第一九-50页。 [7]酒寄雅志《出土文字資料にみる北魏の東アジア諸国と东瀛》,栃木県立博物館《掘り出された“文字”—出土文字資料からさぐる东晋の下野》栃木県立博物館,2000年问世第陆6-陆1页。 [8]斉藤忠《东瀛木簡概観》,载东瀛《書道研商》3壹伍号,一9八6年第二二-49页。 [9]渡辺晃宏《木簡の出土・観察・整理・保存》《木簡商讨の最前線�地下の正倉院文書を読む�》シンポジウム資料,200七年。 [10]奈良文化財商讨所飛鳥資料館編《木簡黎明(Liu Wei)—飛鳥に集ういにしえの文字たち�》同資料館,2010年。 [11]大庭脩《吉野纱莉と木簡》,收入《唐代中世における日中関係史の商量》同朋舎出版,一9玖陆年。 [12]斉藤忠《东瀛木簡概観》,载日本《書道研商》3一5号,一9八陆年第三二-4玖页。 [13]竹内理三编《宁乐遗文》中卷,东瀛东京堂出版社19九7年,第43五—肆五七页。 [14]駒井鵝静《<長屋王家木簡>の调查�書道史上からみた东瀛木簡�》《書道探讨》1987年7月号第45-玖5页。 [15]藤本幸夫《語学的観点から見た朝鮮金石文》《書道研究》1987年七月号第67-7一页。 [16]尹善泰《韓国太古木簡の出土状況と展望》,《韓国出土木簡の世界』雄山閣出版,2007年第1二-5陆页;尹龍玖著、橋本繁译《平壌出土<楽浪郡初元4年県別戸口簿>切磋》,东瀛《中华夏族民共和国出土資料研商》一三号,二零零六年第20五-23六页;《朝日新聞》夕刊20十年八月二十一日;李成市・尹龍九・金慶浩著、橋本繁译《平壌貞柏洞叁六肆号墳出土竹簡『論語』について》,东瀛《中华夏族民共和国出土資料商讨》1肆号,二零一零年第210-14玖页。 [17]李鎔賢《韓国における木簡研讨の現状》,《韓国出土木簡の世界》雄山閣出版200七年第1伍-31页。 [18]永州市文物考古商量所、中华夏族民共和国文物研商所、北京大学历史系走马楼简牍整理组编慕与著述《西安走马楼3国吴简--嘉禾吏民田家莂》文物出版社一玖9玖年。 [19]三上喜孝《韓国出土木簡と东瀛太古木簡��比較商讨の大概性をめぐって》,收入《韓国出土木簡の世界》雄山閣出版200七年第3八六-30七页。 [20]記念展《辽朝东瀛文字のある風景-金印から正倉院文書まで》,二〇〇三年。 [21]平地南《正倉院佐波理加盤付属文書の再検討》,《扶桑歴史》2010年六月号第一-15页。

    三、牛郎織女伝説の語り方

    附:本文日文版

    昔のようにお婆さんあるいはお母さんを囲んで聞くのですが、今殆ど見られない。社会の変化、メディアの影響などの要因が変化させたと考えられる

    出土文字史料と南宋史研讨 ——中国和扶桑韓叁国の南陈木簡を例として (中国社会中国科学技术大学学世界歴史研商所商讨員徐建新)

         ↓

    はじめに-北魏文字と書写材质- 汉朝文字は書写材料という手腕によって記録され、保存される。北齐文字の発生と発展の過程には、時期に応じた様々な書写质地が生じている。製紙技術の発明在此在此之前、中中原人民共和国太古で文字が記録されたものには亀の甲羅・牛骨・青銅器・竹簡・木牘・織物がある。南齐日本で大批量に木簡が用いられた時期は紙の使用が始まっていた7~8世紀であり、紙と木簡が併用された。同時に、例えば麻布や絹布のような様々な織物に書かれた古文書も発見されている。考古学では土器に書かれた多くの文字も発見され、「墨書土器」と呼ばれている。但し「墨書土器」の文字は数文字が普通で、内容の多くは地名や人名である。当時の記事の伝達は主に紙と木簡によった。朝鮮半島での木簡の発見はやや遅いが、近年朝鮮半島では次々と木簡が出土し、时期はおよそ陆世紀前半から捌世紀であり、木簡使用の開始時期は东瀛よりやや早い。 扶桑と朝鮮半島の木簡の起点はまだ多くの問題が現在も未解決である。だが日本と朝鮮半島の木簡の源流が中中原人民共和国であるのはほぼ間違いない。秦漢帝国の创立後、中中原人民共和国文明は周辺地域へと拡大していった。東北アジアでは前一〇8年に漢王朝が朝鮮半島南边に4つの郡を置き、それ以降より多くの中夏族民共和国の文物と制度が朝鮮半島へ入り、半島を経由して日本へも伝わった。近来関心を集めている平壌地域出土の竹簡『論語』と『楽浪郡漢初元肆年県別戸口簿』は漢楽浪郡の時期に木簡が朝鮮半島で使用された状況を示す(李成一・尹龍9・金慶浩「関于平壌貞柏洞3陆4号墳出土竹簡『論語』」二〇一〇・尹龍玖「平壌出土「楽浪郡初元肆年県別戸口簿」切磋」二〇一〇)。東北アジア地域の辽朝文化には、漢字・儒教・漢訳仏教・律令法律制度・科学技術など、中华夏族民共和国知识の影響による共通する文化因素が存在する。中夏族民共和国の漢字文化は様々な花招により伝播し、銅鏡や鉄製刀剣の銘文の他、簡牘による漢字の伝播も推測される。 朝鮮半島と扶桑で積極的に中中原人民共和国の漢字文化が導入されたのは、秦漢時代以降、中中原人民共和国の漢字文化が成熟した段階に発展していたためであり、その漢字文化には漢字、書写装备、書写材料、書体が含まれる。漢字の東伝とは漢字に関わる技術全体の東伝であり、木簡の書写や使用も含まれる。このように成熟した技術に直面した辽朝の朝鮮半島と东瀛の人々は、新たなものを創り出す供给はほとんどなかった。 1、 东汉华夏の簡牘 前些天考古学発掘で証明されているように、中中原人民共和国では遅くとも戦国時代先前时代には竹簡が存在した。李学勤氏の考えでは、钟鼓文字や金文の「冊」の字形から、或いは簡牘の使用は殷周時代まで遡る大概性があるという(李学勤『古文字学初階』一9第八个五年年)。近代中华の簡牘学は、一玖零5年のヨーロッパ人探検家による小编が中国西域での探検に始まる。一九零一年、比利时人スタインは江西のニヤ遺跡から、スウェーデン人スウェン・ヘディンは楼蘭遺跡からそれぞれ晋時代の木簡を発見した。これが中中原人民共和国近代の簡牘研讨の始まりである。 一玖四9年までに発見された簡牘には主に次のものがある。 1スタインが一玖零零年~一玖1九年の二遍の西域探検で発見した漢簡・晋簡・唐簡。贰スウェン・ヘディンが一9零一年~1九三5年の肆遍の西域探検で発見した漢簡・晋簡。叁スウェーデンと中中原人民共和国の学者による西南考查団による一九三零年~193叁年の西南地区での科学的观看比赛で発見された居延漢簡とロプノール漢簡を含む漢簡。このうち1九二玖年~1935年に内蒙古エチナ河下流の居延地域で発見された漢簡だけで10000枚以上がある。 一9四九年以降、中国民代表大会陸での簡牘の発掘と切磋の進展はそれ从前のものを遙かに越えている。主な発掘には次のものがある。 一甘粛张掖漢簡(一九五七年~一九8三年)。二甘粛居延漢簡(壹玖七二年~一九柒4年)。三甘粛敦煌及び馬圏湾出土漢簡。四山西雲夢睡虎地秦簡(一玖78年~197捌年)。伍山东長沙市の馬王堆漢簡。六山東臨沂銀雀山漢簡。七山东阜陽県出土の阜陽漢簡。八广西江陵地区の張家山漢簡(一玖八三年~一玖捌四年)。玖浙江荊州市の包山楚簡。拾新疆省荊門市沙洋県の郭店楚簡。⑪江蘇連雲港市東海県尹湾漢簡⑫新疆随県雷鼓墩曽侯乙墓出土竹簡。⑬辽宁長沙走馬廊遺跡出土三国呉簡。⑭西藏赣东龍山県里耶古都出土の里耶秦簡(沈頌金『二10世紀簡帛学探究』二零零零年) 一九肆九年の中華人民共和国开国在此以前に発見された簡牘は地球表面上の遺跡での発見が多かったが、一9四9年以降には遺跡だけでなく、外省の汉代の墓や井戸からも多量の簡牘が出土し、また簡牘の时代も広がった。漢从前は秦簡の他に春秋戦国時代の楚簡も発見され、漢以降では呉簡も現れた。特に楚簡の発見は、先秦時代の制度や文字の研讨の貴重な資料である。 〈図一香江博物館蔵楚簡〉 中华夏族民共和国の木簡は自由に書写されたのではなく、その形や内容にはそれぞれ規定がある。漢簡における標準規格は長さ2三.一センチメートル、幅贰センチメートル、厚さ〇.二~〇.3センチメートルである。2三.一センチメートルは漢代の1尺である。長さの異なる簡牘は別の時代の簡冊制度に関係する。例えば「檄」は明清の軍事に関わる文書で、檄文のある簡は長さ2尺があり、『説文解字』にも「檄とは二尺の書である」と説明されている。清末の学者、王国維が簡冊制度について责备しているように、周代前期以降、経書に用いられた策の長さは2尺4寸で、礼制法令の書物も同様である。次いで1尺二寸のものがあり、『孝経』の策は1尺贰寸である。漢以降の官府の書類や郡国戸口の黄籍も壹尺贰寸である。更に⑧寸のものがあり、『論語』の策は八寸である。それに次いで陆寸のものがあり、漢符は6寸である。普通、簡牘の大きさは原則として王国維の述べている通りで、「策の大小を書の尊卑とする」のである。(王国維「簡犢検署考」一九14年)。この他、近年の中中原人民共和国の漢簡学者、胡毕生氏は、墓から出土した簡牘は副葬のために特に制作された「副本」かもしれず、実用された正本の簡冊とは限らないのであり、制度においても実際に用いられた簡牘とは異なるかもしれない、と指斥している。その他の書籍や文書にも同様の状況、つまり役所から配布された簡冊と民間で作られた抄本とでは異なる恐怕性があり、出土物によって簡冊制度を検討するには、より複雑な要素が加わるのである。(胡毕生「王国維「簡犢検署考」校勘和注释」導言、二〇〇四年) 〈図2中华夏族民共和国甘粛敦煌馬圏湾出土漢代封検〉 〈図3西藏長沙市出土三国時期の呉簡〉 中夏族民共和国太古の簡冊制度では簡牘の内容とその形に対応関係がある。つまり、異なる内容の文書は異なる形状の簡に書かれる。漢簡の形態上の分類には、簡・牘・符・籤・検・致・楬・觚・冊などがある。このうち「検」は手紙に封をするものである。検の上には封泥も施される。漢代、文書を発送する時には封泥の多さでその公務の緊急度を区別し、駅伝に用いる馬の等級や数が決定された。「楬」は物品の名称を記して付ける札で、扶桑の「付札」に十一分する。「符」は、「6寸符券」が規格で、2つの官衙間での情報伝達専用の木簡である。常常「符」は贰つの木簡で構成され、それぞれに刻みがあり、刻みの継ぎ目には番号があって、二つに分けたものを「符合させて事を行う」、つまり符と符の継ぎ目が一致すれば、その内容は信用できる。「致」は1種の长时间間の游览身分証である。古代の文書は文字数が少なければ一本の簡で足りることもある。だが、内容の長い文書や書籍は多くの木簡に書かなければならず、それを紐で一つに繋ぎ合わせたのが、「冊書」である。1九七伍年~柒4年に発見された居延新簡には七10種類以上の冊書が含まれている。内容による分類では漢簡には詔書・奏記・檄・律令・品約・牒書・爰書・符伝・簿冊・書牘・暦譜術数・医薬などがある。(大庭修編著『木簡-汉代からのメッセージ』一9九捌年)。 中华夏族民共和国の簡牘学には后日すでに百余年上述(一九零二年から現在まで)の研讨発展の歴史があり、1つの成熟した学問である。海外では簡牘学と甲骨学・敦煌学が中国学における3大学科にもなっている。簡牘学斟酌は主に三つがある。①つは保存の為の整理で、出土した木簡を判読できる状態へできる限り復元し、また長期保存も须要である。その二は釈文の钻探である。その三は考古学の切磋成果や文献資料と結びつけ、簡文の内容を商讨することである。これらのどの商讨においても、実際には多くの学問領域の知識が须要である。 二、日本木簡の発見と特徴 东瀛の北周木簡は一玖一二年に初めて発見され、その後一九贰八年(三重県多度町柚井戸遺跡)と一九二6年にも少许の木簡が発見された。これらの木簡は当時の発見者が記録や報告書を作成しているが、木簡の数は僅か数点にすぎず、簡文の内容も丰硕には了解されなかったため、学界も重視しなかった(平野邦夫・鈴木靖民編『木簡が語る辽朝史』二〇〇〇年)。木簡の出土が注目されるようになったのは、1九陆零时代である。1963年6月、松山市の西にある平城宮遺跡から4〇枚の木簡が出土した。その後、平城宮遺跡から考古学発掘により3五〇〇〇枚におよぶ木簡が出土している。この他飛鳥京、藤原京、長岡京の遺跡や太宰府及び地点の官衙の遺跡からも多量の木簡が出土した。木簡の大批量の出土はもともと歴史商量のための文献の少ない东瀛太古代文学界には特别に大きな激情と前進になった。一9七肆年には有名な考古学者、坪井清足が「东瀛の木簡学」という概念が示し、「日本木簡学」という呼び方も流行するようになった。考古学者が西汉木簡の存在を意識したことで、东瀛处处における木簡の出土事例は急迅に増加し、渡辺晃宏の二〇〇7年の紹介では日本木簡の総数は三伍万枚に上るといい、(渡辺晃宏『木簡の出土・観察・整理・保存』二〇〇7年)また三八千0枚という説もある(『木簡黎明(Liu Wei)-飛鳥に集ういにしえの文字たち』二〇一〇年)。 东瀛で発見された木簡の时代は主に七~八世紀に聚集し、最も古いものは難波京遺跡出土の丙申年紀年の木簡で、七世紀中葉以前の木簡の存在は今のところ明らかではない。1方、东瀛の木簡の源点はいつ頃だろうか。东瀛の木簡と中夏族民共和国の魏晋期の木簡に相似性があるとみて、日本の木簡は魏晋から南陈期の中夏族民共和国の制度を模倣したとする东瀛の钻探者もいる。大庭修は江苏ニヤ遺跡出土の西域諸王への詔書から、三世紀に親魏倭王美知广子が赵国天皇から受け取った制書も木簡に書かれていたと推測している。また別に、东汉菲律宾人は魏晋期より在此之前の漢代の木簡に接触していたかという問題もある。日本の探究者はほとんどこの問題に言及していないが、大庭修助教だけは漢代、东晋の倭人が中华人民共和天皇朝統治下の朝鮮半島楽浪郡へ朝貢した際、漢簡に触れたことは間違いないと责骂している(大庭修『金泽文子と木簡』一九柒四年)。前一〇八年に漢王朝は朝鮮半島に楽浪・真蕃・玄菟・臨屯の肆郡を置いた。中中原人民共和皇上朝と东瀛列島の倭人の間には弥生時代中後期に沟通が始まっており、その往来の中で倭人が漢簡に接触することは可能である。だが、社会発展水準を考えると当時の倭人社会には木簡の使用をすぐに始める技能はなかったともいえる。中国での簡牘の発展で最も制度化された漢簡と东瀛木簡を比較すると、その最大の違いは、东瀛で多量に木簡が使用された時期は紙の广泛が始まったのと同時期、すなわち「紙と簡の併用時代」といえることである。考古学発掘で既に明らかなように、中夏族民共和国での造紙技術は後漢の蔡倫に始まるのではなく、前漢期にも紙の使用例が発見されている。(例えば、一九八6~玖一年甘粛敦煌懸泉置遺跡では木簡の他に前漢宣帝・元帝時期の紙による文書の残片も多く出土したが、その紙は簡単なもので、原料は草と麻である。)この違いは中国和日本両国での木簡の使用に様々な影響をもたらしている。 その一に东瀛木簡では今天まで冊書が発見されていないことである。奈良正倉院に保存されている八世紀の戸籍や近年発見された漆紙文書から明らかなように、長い文書は紙に書かれるのが普通である。日本の木簡は木簡1枚ごとに独立した内容を持つものが多く、他の簡と繋げることは平常あり得ない。 その二は僅かな例外を除き、东瀛木簡の内容は長期保存の供给のない壹時的な記録ということである。利用が終わった木簡は廃棄もしくは木簡表面の文字を小刀で削って再使用された。 その三は日本木簡には国家が発布した律令や詔書がほとんどないことである。官文書は紙による文書で伝達された。このことから东瀛の商量者には奈良時代の东瀛木簡は漢簡とは異なり、唐簡に近いと考える者もいるが、「牓示札」のような例外もある。石川県で出土した「牓示札」は、嘉祥2年のものである。牓示札とは通知の札であり、石川県で出土したものは横61.3センチメートル、縦二3.叁センチメートルで、东汉の交通要所周围で出土し、道端に布告のために立てられたと考えられる。内容は地点の首長が農民に律令国家の農業生産の须求を伝えるもので、汉朝国家が発布した勧農に関わる文書といえる。牓示札の出土はこの①件のみである。 その4は东瀛木簡の出土は一般に溝の底や井戸の中、ゴミ捨て場といった生活遺跡からであり、墓の中からの出土がほとんどないことである。これは木簡に長期保存の価値がなかったことを示す。 その5は日本木簡の主な使用目标は情報の伝達で、国家と個人や個人と個人の間の関係の尊卑は反映されていないことである。このため东瀛木簡は形の上でもわりと自由で、漢簡のような「三尺は律令」、「尺一は詔書」、「陆寸は符」という規制は存在しない。つまり日本木簡は尊卑の関係をはっきりと示すことはない。东瀛木簡は普通「短冊型」、「圭型」、「刻みを持つ型」などいくつかの形に分けられ、一伍種類の形状に分類する扶桑の钻探者もいる(斉藤忠『东瀛木簡概観』一9捌玖年)。 簡文の内容から区分では、おおよそ「文書木簡」、「付札木簡」、「習書木簡」、「削屑」に分けられる。「削屑」は使用済みの木簡から文字を削り取ったもので、削衣ともいう。「習書木簡」は書吏が習字の練習をした木簡である。最も多いのは献上する貢物の明細と文書の木簡である。貢物の献上の明細は「付札木簡」といい、隋代の農民やその他の職業に従事する者が地点の行政機構を通じて中心政党に様々な貢物を献上する明細で、それぞれの貢物に商品の値札のように付けて使用された。东瀛太古の律令国家形成時期における中心政党の徴税收制度度の具体的な内容がこの木簡から明白できる。「付札木簡」は内容から数種類に分類或者である。その1は調物、すなわち実物による税で、鉄器・塩・生糸・紡績品・海草や魚等の海産物がある。その二は「白米付札」であり、田租である白米に付けたものである。その叁は「贄」である。「贄」は原則的には「調」の一種だが、主に海産物と手工业業製品を指す。「贄」の字の漢文での意味は年長者や重要人员への贈り物であり、珍贵する人に贈り物を持って拝見する「贄敬」という言い方もある。日本の「贄」は「調」に近く、「大宝律令」発布の後、税収制度が新たに規定されると「贄」は律令の「賦役令」からなくなり、「調」に入る。だが九世紀の『延喜式』にも「贄」の詳細な記録はある。付札木簡の書写情势は普通、発送元の「地点国名・郷名・里名(場合によってはさらに人名)+貢物の名称と数量」であり、最後に発送日時が加えられる木簡もある。「貢物を受け取った人の地方国名・機構名もしくは人名+貢物の名称と数量」という別の情势もある。 「付札木簡」の探究は地点行政組織の驾驭を助けるものであり、木簡にみえる地方行政組織の名称は伝統的な文献の研商で知られたものよりずっと多い。また明代の税収制度の具体的な状況を明らかにする手がかりにもなる。付札木簡に記された情報は伝統的な文献史料にないものも多いからである。 「文書木簡」はいくつかに分類可能である。その1は中心政坛と地点行政機構の間や官吏の間で往復された文書であり、符・牒・検・移・解などの種類がある。文書の発送と受取两个の関係から、上記の数種類の文書は「下行文書」、「上行文書」、「平行文書」に分けられる。その贰には冊簿や記録、例えば官吏の評価や昇進降格の記録などがある。その三には過所文書、すなわち官符が発行する査証や通行証がある。その四は請求文書であり、中心や地点の官吏や公務に関わる人々が中心の財政部門や官倉へ、米や塩、小豆、醤油などを含む食料や平常の消耗品や生活用品の発給を申請するものがある。 文書木簡の多量の出現により东瀛太古社会への認識は特别に豊かになった。主旨と地方官府組織の運営状況や各機関の相互関係といったことに対し、程度は様々であるが木簡にその答えを見つけることができる。闻明なものには「長屋王木簡」がある。長屋王は『続日本紀』慶雲元年から天平九年に記載がある。一玖八8年奈良平城京遺跡で長屋王の邸宅が発見され、長屋王王宮遺跡から出土した木簡の総数は八万枚を越えている。伝統的な史料にはほとんどみえない長屋王邸宅の生活に関わる史実が木簡には反映され、それは長屋王の邸宅内の家政組織や管理状況を示すものである。奈良時代の平城京主旨官僚組織に奉職していた官吏は約20000人という推測があるが、長屋王木簡から推算される長屋王家政機関の官吏総数は一〇〇〇人前後である。 〈図4洪荒三河国の御贄付札木簡〉 南梁扶桑の文字文化の発展過程で鍵となるのは東アジア大陸からの移民である。駒井鵝静によると、弥生時代以降、大陸からの移民が日本へきた時期は大きく叁つに分けられる。第一期は四世紀後半以降の早期大陸移民であり、彼らにより漢魏系統の楽浪文化がもたらされた。第二期は5世紀後半の「新大陸移民」で、主に百済人から成り、6朝期の文化がもたらされた。第2期は7世紀中葉以降の百済及び高句麗からの亡命者である。亡命者には本国で高い地位にあった人物もいた。これら大陸からの移民が中中原人民共和国の書法を东瀛へ伝えた主な媒介者である。また遣隋使、遣唐使や日本へ渡った中国人も东瀛での漢字書法の発展に貢献した。7伍4年に东瀛へ赴いた中华夏族民共和国人僧侶鑑真が当時孝謙太岁に献上した「王右軍真跡行書1帖」や「王献之真遺跡3帖」などの法帖はその一例である。西魏东瀛の各時期の木簡の文字は东瀛太古の漢字書写体の本当の姿を领悟させるものでもある。 三、朝鮮半島の东晋木簡 朝鮮半島の吴国木簡は主に韓国で近年朝鮮半島の南部から発見された木簡を指す。东瀛の北魏木簡は朝鮮半島の文化と密接な関係にあるはずだが、韓国の木簡の発見とその探讨は东瀛より拾年以上遅れている。これまでの知見では、朝鮮半島の木簡はおおよそ二種類に分類できる。その1は楽浪郡時代の木簡である。この木簡は中华夏族民共和国の簡牘と直接関係があり、その簡牘の形や書法、文娱体育は漢代来说の簡牘に相似している。一九三四年には朝鮮平壌南井里第3一陆号古墳で1枚の木簡が出土した。纠正な隷書で書かれた内容は次のものである。 縑3匹/故吏朝鮮丞田肱僅遣吏再訪拝奉/祭 「故吏」とは属吏、すなわち下級の官吏である。簡文の大体は楽浪朝鮮県下級官吏の田肱が上司を埋葬する時に三匹の縑を献上した、ということで、これは戦前の朝鮮半島で出土した唯1の木簡である。同時に筆と硯も出土している。 一9八七年十二月から19九4年种种月に平壌市楽浪区貞柏洞三6四号古墳で多くの竹簡と木牘が出土し、贰零零陆年以降に広く知られるようになった。朝鮮、韓国と东瀛の学者の研讨によると、この竹簡の内容は『論語』の抄写であり、木牘は後漢元初四年楽浪郡県別戸籍簿である。『論語』は冊書としての整った形のもので、書体は隷書であり、その形や書体は中华夏族民共和国广西省定州漢墓で出土した『論語』冊書とよく似ている(孫永鐘「楽浪郡南边地区の地方-“楽浪郡初元4年県別戸口多少□□”による統計資料を主题に」二〇〇5年、尹善泰「韓国太古木簡の出土状況と展望」二〇〇4年、尹龍玖「平壌出土“楽浪郡初元4年県別戸口簿”切磋」二零零六年、「朝日新聞」夕刊二〇壹〇年天中2127日、李成市・尹龍九・金慶浩「平壌貞柏洞36四号墳出土竹簡『論語』について」二〇一〇年)。漢王朝の郡県体制下の楽浪地域で、地点の官吏が中原地段と同様な書写や木簡使用の技艺を丰硕に身につけていたことは、この朝鮮半島南边から出土した木簡に明らかである。 もう1つの類型は半島南部の百済と新羅の故地から出土した陆世紀以降の木簡である。現在の研商では楽浪郡と新羅・百済故地の木簡の間、楽浪郡が高句麗により滅ぼされた時から陆世紀までの時期は空白期間である。この時期の朝鮮半島における木簡の存在はまだはっきりしない。朝鮮半島南方出土の木簡の商讨は197五年に始まった。この年、韓国慶州の南齐新羅王宮の雁鴨池遺跡から5壹枚の木簡が出土し、韓国の木簡斟酌はここに始まった。雁鴨池は朝鮮統1新羅時期の王宮、月城東北部の池である。史料では、この池は674年に作られている。雁鴨池から出土した木簡は7~八世紀のもので、この池は新羅の王侯貴族が植物を植え、珍しい獣を飼育し、船遊びを楽しんだ場所である。その後雁鴨池遺跡では次々に木簡が発見され、これまでに玖七枚の木簡が発見されている。 一97二年以降韓国では木簡の発見が続き、韓国の研商者の統計では、すでに一伍カ所の遺跡から三伍〇枚余の木簡が出土し、その内文字のある木簡は贰四〇枚ある。木簡の出土が多い遺跡は新羅城山山城遺跡、新羅慶州雁鴨池遺跡(九7枚9、新羅慶州月城垓字遺跡、新羅二聖山城遺跡、百済扶余陵山里遺跡である(李鎔賢「韓国木簡探讨の現状」二〇〇四年)。 〈図伍朝鮮太古百済扶余宮南池遺跡出土木簡〉 韓国出土の木簡の时期はおよそ陆世紀中期から八世紀である。使用时期は东瀛よりやや早い。遍布地域はかなり広いが、数量が少なく、中夏族民共和国や东瀛の木簡とは比べようがない。数量の少なさから、韓国の木簡によって示される事実も限られている。韓国木簡の語は内容によって分けると主に以下の数種類である。 1、貢納品の名称:塩・稗・加火魚*・獐・猪 2、人名 3、社会身分の名称:奴人・乃人・負・帰人・中口・小口 4、官職の名称:大鳥知郎・丙番・助史・洗宅 伍、官文書の名称:牒 6、地名(寺院名・王宮と地点行政組織の名称):隅宮北門・宝憙寺・及伐城・甘文城・仇利伐村・阿卜智村 7、薬物の名称:乌拉尔甘草・大黄・黄連 八、中华夏族民共和国杰出の抄本:金海鳳凰洞和大田桂陽山城出土の『論語』 九、秦朝の計量単位:伍開・稗石・壹両二分・3斗・大升 韓国木簡の研究は始まったばかりであり、簡文商讨や木簡保護に多くの注目が集まっている。現在、东瀛の古代史商讨者は韓国木簡の钻探に積極的に関わっているが、中夏族民共和国の学界は韓国木簡や日本出土の木簡をあまり领悟していない。 おわりにー木簡史料の特徴と学術的価値 木簡は古时候的人が用いた実物であり、その信憑性と文化財としての価値は言うまでもない。歴史钻探の面からみて、東アジア各国の木簡にはどのような意義と特徴があるのだろうか。 第2に、東アジア地域の多くの木簡は社会の管理と情報の调换の须要から制作、使用されたことがある。目标が達成されたら廃棄され、その使用価値は三回限りである。このような木簡に保存や後世に伝えるという機能はない。だが中华夏族民共和国太古の簡牘には大批量の冊書が含まれる点は日本・韓国の木簡とは明らかに異なる。これらの簡牘は実用だけでなく、長期間保存され、後世に伝えられた典籍としての性質をもち、漢代以降は紙の発明と使用に伴い徐々に冊書は減少する。日韓で木簡が流行したのは紙と簡の併用時期であるため冊書はほとんど存在しない。 また木簡の多くは部分的な文書や記録であり、木簡が提供する知識は完全なものではない。敦煌漢簡や居延漢簡の出土は漢代の辺境防范体制の驾驭が深まり、懸泉置漢簡の出土では明清の駅伝制度の具体的原委の通晓が進み、尹湾漢簡の出土からは郡県制における郡の官僚制度が精通された。日本の長屋王木簡は清朝王族の家政管理体制の運用状況を反映していた。このような例にあるように、木簡の内容は汉代史钻探の細部を様々に補填し、歴史知識を豊かにする。だがそれは往々にして部分的、局地的なものであり、その内容が示すものは史実から收取し、帰納する過程を経たものではない。この点は全面包车型大巴かつ完全性をもつ正史の記載とは異なる。 さらに、木簡そのものの特徴が史学钻探で無視できない首要な価値を木簡にもたらしている。簡牘にみえる史籍・律文・詔書などは正史を補う作用がある。また木簡に記録された内容の多くはごく普通の事柄や人物であり、そのような事柄や人物を正史にみつけることはできない。歴史の記録として、正史などの史書は普通「事があれば記録し、何もなければ記録しない」を原則とする。「事がある」とは社会上海重型机器厂点な事件の発生を指す。正史には一般的に尋常でないこと、非一般的なこと、記載すべき価値のある事件や人物が記載されるのである。しかし正史に載らない、当時の人には普通の、語るまでもない歴史的事実は、明天の歴史研讨者には首要な商量価値があり、めったに得ることのできない切磋材质なのである。漢簡の辺境地域の軍事組織についての木簡や东瀛の貢納品に附された「付札木簡」などは、そのような価値をもつ木簡である。 簡牘にはより大きな歴史を補う功能をもつものがあり、それは現代の商量者にはさらに貴重な史料となる。例えば、三国期の正史は『叁国志』だが、『叁国志』の小编陳寿は郑国を正統としたので、呉国の記述は少なく、二○巻のみである。(『叁国志』全伍6巻は魏志3〇巻、蜀志一伍巻、呉志二〇巻である。)そのため走馬楼呉簡の発見は呉国の歴史や制度の復元と掌握にとって、また呉国地点行政組織の機能と運用状況を明らかにするため、大きな助けとなった。 中国和东瀛韓3国の木簡にはそれぞれの特徴があり、それぞれの国の歴史事実を記録し反映するもので、その国の歴史文献や考古学資料とともに商量を進める需要がある。1方で、中国和东瀛韓3国の木簡は密接な関係にあり、比較钻探もまた不可欠である。比較から中国和扶桑韓三国の晋朝文化と制度の関連と差異を見つけることも恐怕である。例えば、宋朝の土地計量の単位は唐令の記載では「畝」、东瀛では「町」である。この东魏东瀛の「町」にはどのような起点があり、中华人民共和国のどの時代の制度を参照他事他说加以考察にしたのだろうか。江西走馬楼呉簡の土地制度記録には「町」の字が多く用いられている(『長沙走馬楼3国呉嘉禾吏田家莂』一玖⑨七年)。但しこれが东瀛の「町」の字の来源であるか、まだはっきりとはしていない。 漢字東伝の過程では、朝鮮半島と东瀛の社会で漢字はしだいに本土壤化学していく。つまりこれらの地域で漢文や漢字は地域の社会知识や言語と結びつくのであり、変化が生じていく。その変化は主に字義の変化、詞の作り方の変化や異体字の使用などの面に現れる。例えば「椋」の字は日本木簡によく見られるが、韓国木簡でも好多の「椋」の字が見つかっている。日韓両国の「椋」の字はどちらも「倉庫」の意味である。だが「椋」は中夏族民共和国の漢字の語義では倉庫の意味をもたない。早稲田大学李成市教师は、倉庫の意味を持つ「椋」の源点は高句麗にあり、その後百済・新羅へ伝わり、最後に东瀛へ伝わったことを近年质问している。(3上喜孝『韓国出土木簡と扶桑太古木簡』二〇〇肆年)。また、漢文の「部」は东瀛木簡では「卩」に簡略化されているが、これは朝鮮半島に由来すると言われている。1九九1年百済扶余宮南池遺跡出土の木簡に「西部後巷」とあり、「西边」の「部」は木簡では「卩」である(記念展『唐朝日本文字のある風景-金印から正倉院文書まで』2001年)。また「籾」の字も「丑」の字に簡略化されている(平川南《正倉院佐波理加盤付属文書の再検討》,《东瀛歴史》2010年七月号)。このような比較斟酌によって、孙吴中华の漢字文化の東伝という歴史的背景の下、日韓それぞれの地における漢字の使用格局の沟通と影響が精晓できるのである。 (收音和录音于石川日出志等编《交響する南梁——東アジアの中の东瀛》,扶桑東京堂出版,2012年,第15-31ページ。)

    語り方の存続

    祝福:春節の三二十五日目→鸣蜩十二17日→五月七日→四月八日日→6月10二十八日

    牛郎織女は村人の共同記憶とされ、村の結束力を強め、同時に村を神話の色で染めた。

    神曲:老母会:牛郎官庄の香社組織→「唱仏」:牛郎織女の口頭叙事

    神曲の中に語られた牛郎織女伝説のエピソードは主に結婚、夫婦離別、二月六日に会う、鵲が橋を架けるがあり、ほぼ全国に伝えられているストーリと1致する。

    4、牛郎織女伝説の伝承

    伝承の苦境

         ↓

    現地政府、文化有名气的人の影響(200柒年、五月一三-117日、沂源県に全国初めての「牛郎織女伝説」のシンポジウム)→メディアの影響:テレビなど→外来要因の影響

         ↓

    伝説の内容が変わる→語る態度が積極的になる

    五、今の状況

    1、沂源県内の動き

    200七年三月、沂源県は中中原人民共和国民俗学会から「中华夏族民共和国牛郎織女伝説之郷」が授与された。同時に「山東大学中华夏族民共和国民間法学大学生点应用探讨実習营地」となった。

         ↓

    二〇一〇年四月、中中原人民共和国牛郎織女伝説商量センターが沂源県に创造した。

         ↓

    二〇一〇年八月、中华夏族民共和国国務院辦公庁第三章节「国家級非物質文化遺産名録」の中に「牛郎織女伝説」は記載され、山東沂源県、陝西省長安県、湖北省和順県の叁箇所が主な流伝地と認められ、非物質文化遺産の保護地となった。

    2、テレビ、ネットなどを通じて宣伝

    中原宗旨テレビ(中央电视台-一)朝の「朝聞天下」(視聴率が高い)を放送するとき、挟まれるコマーシャルの山東省の宣伝の中に「山東沂源、中华夏族民共和国牛郎織女故郷」というスローガンが出され、観光を通して地方の経済を振興させようとしている。

         ↓

    2010年十一月十六日、中中原人民共和国大旨テレビ(CCTV-10)の「研究・発見」という番組が「沂源牛郎織女尋踪」を放送した。中には、商讨者たちが自分の琢磨の視点から沂源牛郎織女伝説を解釈した。こうして、沂源牛郎織女伝説は1層全国に広がられただろう。

         ↓

    ネットの宣伝:中央、地方

         ↓

    山東大学风俗学商量所の钻探成果:《中华人民共和国牛郎織女伝説・沂源巻》(五巻の壹つ)(葉濤教授主編)、主に山東沂源地域の牛郎織女伝説を収録した。出版された際に、第一遍目の「中华人民共和国牛郎織女伝説」のシンポジウムも巴黎で開かれた。

    まとめ:民間工学は、本来、主に民間で伝わるという形で流伝する。勿論、上からの影響があったが、今のように、政坛の主導で、研讨者も積極的に参加し、民間经济学、民間文化を広がるということは、民間法学、民間文化に新たな研讨課題が与えられたと考えられる。

    参照他事他说加以考察資料:

    1、叶涛、大韩民国时期祥 中华夏族民共和国牛郎织女传说5卷本,山西戏剧大学出版社,二〇〇八

    《切磋卷》:主要收音和录音有关中华牛郎织女逸事的研商性杂文、作品等;

    《民间工学卷》:主要收音和录音有关中华牛郎织女故事的民间理学小说等;

    《俗军事学卷》:首要收音和录音有关中华牛郎织女好玩的事的通俗管经济学文章等;

    《图像卷》:首要收录有关中夏族民共和国牛郎织女旧事的图像资料;

    《沂源卷》:首要收音和录音在安徽沂源地区关于中夏族民共和国牛郎织女传说的资料。  

    二、郭俊紅、《中中原人民共和国牛郎织女轶事的地点叙事研商—以西藏省泗水县牛郎官庄为例》辽宁北高校学博士学位故事集,二零零六年十二月。

    3、青海省台儿庄区燕崖乡牛郎官庄风俗考查报告

    福建北高校学风俗学商讨所,青海省利津县文化工作管理局,2007年四月

    四、二零零七年—2010年山西高校民俗学商量所沂源调查原始资料录音整理稿。

    本文由美高梅官方网站发布于中国历史,转载请注明出处:出土文字质地与东南亚南宋史商量,明治大学解

    关键词: